MetaTraderのレバレッジ比較

同じMetaTrader4で取引するにも、各社、提供している環境は様々に違います。スプレッドもそうですが、レバレッジもそのひとつ。レバレッジは、取引ごとにかかる必要証拠金の金額が変わってしまいますので、資金に相当余裕がある人でない限り、業者を選ぶ時の大きな問題になります。これは殆どの人が重要視しているのではないでしょうか。レバレッジを大きくかける事が出来れば、より大きなロットでの取引が可能になり、資金の増加も早くなりますよね。しかし、これはかなり自分の手法や資金管理法に確信が持ててからでないと、失敗した時の資金の減りも、坂道を転がるように早いのです。自分はどれくらいの資金があって、レバレッジ何倍で取引した時、どれくらいの損失に耐えられるか。総資金の中から何%までなら、損切りしても良いのか。そういう計算を綿密にしてからでないと、危険です。逆に、そういった計算を完璧にした上で、計画的に、かつ冷静にトレード出来るのであれば、ハイレバレッジで取引するのも面白いと言えます。

それでは、まず国内業者のレバレッジはどうでしょうか。ご存知の通り、日本では2010年からレバレッジ規制が段階的に施行され、現在は最大でもレバレッジは25倍までとなっています。それまでは、レバレッジ400倍以上の業者もありましたが、この規制を境に、全ての業者で25倍までとなりました。ただ、この規制は個人投資家の保護という事で、法人口座には影響がありません。

次に、海外業者です。レバレッジ25倍までという規制は日本国内のみの規制ですので、海外業者にはこれは適用されません。ハイレバレッジで取引がしたいが為に、最近では、多くの日本人が海外業者に目を向けるようになりました。最大で何倍までのレバレッジが存在するのでしょう?

まず、最大レバレッジを誇る業者はInstaForexで、レバレッジ1000倍!FXDDはレバレッジ400倍。PepperStoneはレバレッジ400倍。ThinkForexでは、スタンダード口座では200倍、プロ口座・スピードトレーダーでは100倍です。YouTradeFXでは300倍のレバレッジを提供しています。TradingPointは、マイクロ・スタンダード口座ではレバレッジ500倍、エグゼクティブ口座では100倍となっています。

まずは国内口座やデモ口座での取引で、レバレッジを意識しながらのトレードを練習してみて、十分慣れたところで、ハイレバレッジ取引に挑戦してみる事をお勧めします。