初心者向けの口座は?

MetaTrader4を始める場合、まだまだFXの知識がない初心者である場合には、どこで口座を作ったらいいのか?という時点でいきなり頭を悩ませてしまうものではないでしょうか。MetaTrader4を提供している業者は、非常に多くあり、それぞれに特徴はあるものの、はっきり言って何がどう違うのか判断出来ないのが初心者というものです。ここでは初心者向けのMetaTrader4口座を紹介していきましょう。

初心者が一番怖いことって何だと思いますか?リスクがあることはFXを行なっていく上で当然のことなのですが、右も左も分からない状態のままコストが高いMetaTrader4に手を出してしまい、損益を出し続けることでしょう。FXを始めとした資産運用では、勘というものでなんとなるというレベルのシロモノではありません。

しっかりと利益を出すための法則というものがありますし、それなりに前提として覚えておくべき知識などが確実に存在しているのです。最低限でもミラートレーダーとMetaTrader4の違いというものが分からないであるとか、テクニカル指標の知識がまったくない。チャートの見方が全くわからないというような超初心者の段階であれば、投資すべき金額から、選ぶべきMetaTrader4まで全てが違ってくることになります。

MetaTrader4と言っても、本当に沢山の業者が提供をしている状況であり、そこには確実に初心者向けに適しているものもあれば、中級者向け、上級者でしか扱えないようなものなどが存在します。こういった違いすらも分からない初心者の方には、やはりそれなりのMetaTrader4を利用することをオススメします。

まずはFXCMジャパンでしょう。ノンディーリングデスク方式を採用しており、その上でスプレッドが狭い。つまりは、コストが低く済む初心者向けのMetaTrader4であると言えるでしょう。またEAに使用制限がないため、自分が独学で把握していく上で、使用したいと思えるEAをどんどと使用していくことが可能です。EAの使用制限がないということは、どんどんとFXの知識を経ていく上で、重宝出来ると感じることになるでしょう。

また初心者が始めるMetaTrader4では、FXトレードフィナンシャルが挙げられます。口座管理手数料や取引手数料などの手数料系は一切無料になっており、業界でも評判が高い最狭のスプレッド幅が特徴です。スプレッドが狭いのは、コストを考えた場合には、やはり一番重要視すべき部分でしょう。クイック売買が可能なことから、初心者特有の直感での売買が思い通りに可能になるため、ビギナーズラックが期待出来るということも、一つの特徴と言えるでしょう。