MetaTraderの1000通貨対応で比較

MetaTrader4で取引するにあたって、最低取引ロットが1万通貨からだと、ちょっと怖いな…と思っている人、結構いるのではないでしょうか。また、海外業者で「0.1lot~」と表記されているのを1000通貨だと思い込み、エントリーした瞬間、凄い額の含み損に驚いた経験があるという人、いませんか?分散投資を考えている人や、小額から取引を始めたい人にとって、1000通貨から取引可能な業者は大変ありがたい存在。ここでは、1000通貨取引に、どんなfx業者がどのように対応しているのかを見ていきましょう。

まずは国内業者から。Forex.comをはじめ、国内業者では殆どの業者が1000通貨からの取引可能となっています。レバレッジ規制により、これまでと比べ証拠金額が上がったため、小額の取引を余儀なくされたトレーダーが多いのです。1000通貨取引は、日本国内ではますますニーズが増えて、なくてはならない条件となりつつあります。国内業者は、小額の取引であっても、取引手数料がかかったり、スプレッドに違いがあるというようなケースは見られません。

FXDDは、ミニ口座で1000通貨取引に対応しています。InstaForexでは、1000通貨から取引可能なInsta口座があります。Pepperstoneでは、スタンダード口座とレイザー口座共に1000通貨からの取引が出来ます。ThinkForexでは、スタンダード口座が1000通貨対応になります。 TradingPointでは、マイクロ口座が1000通貨対応です。YouTradeFXはミニ口座が1000通貨から取引可能です。

こうして比べてみると、以前は国内外とも1万通貨からの対応だったのが、現在は殆どの業者で1000通貨取引に対応し始めています。ですが主に海外業者では、取引ロットに応じた口座をいくつか設定している事が多いですね。これは、ロット数のみの違いではなく、スプレッドや手数料などが口座別に違っており、大抵は小ロットより、大ロットで取引する方が有利なようになっている事が多いようです。海外業者で1000通貨取引をしたい場合は、最初にその口座の条件などをよく確認しておいた方が良いでしょう。